歯型

不正咬合とは

歯科

ではまずは、矯正歯科のお話から致しましょう。矯正歯科は、名前の通り、歯列矯正を主とした歯科治療のことです。一般の歯科や審美歯科でも取り扱われていますが、重度な矯正が必要な歯だと、口腔外科での治療が必要になります。矯正歯科では、不正咬合の歯や、噛み合わせの悪い歯、審美面の悪い歯などの治療を行います。一般的に、不正咬合の歯は、放っておいても、身体に悪影響がないと思われがちですが、決してそんなことはありません。しっかりと噛めなかったり、噛み合わせが悪いことから、顎の発達に影響を及ぼしたり、歯槽膿漏や虫歯の原因にもなったりします。歯を磨く際も、綺麗に磨けなかったりします。また、精神面にも影響が出ます。人前で口を開けるのが嫌だったり、口にコンプレックスを持ってしまったり、自分に自信が持てなくなってしまったりなどです。矯正歯科では、審美面、健康面、両サイドが叶う治療を行います。矯正歯科では、健康的で見た目も美しい歯列に治療してくれます。矯正歯科の治療を行うことで、この様なメリットがあります。まず、審美性の向上です。歯並びが整い、綺麗な口元になるだけでなく、顔の歪みなども解消され、自分に自信を持つことができます。次に噛み合わせの改善です。しっかり噛むことができる健康な歯を持つことができます。顎も発達し、しっかりとした美しい顔立ちにもつながります。最後は虫歯のリスクの低下です。歯や歯茎の間に入り込むプラークも、歯並びを治すことで、掃除しやすくなります。