歯型

移動したい歯をピンポイントで

女性

このページでは、インプラントを使った矯正治療について紹介していきましょう。インプラントというと、ほとんどの人が、抜いた歯の代用に使うものというイメージを持つのではないでしょうか?確かにインプラント治療の基本は、失ってしまった歯の代わりに、人工歯根を顎骨に埋め込み、その上に人工歯を被せるという治療です。そのインプラントが、矯正歯科に関係あるのは不思議という方もいるかもしれませんね。矯正歯科で使われるのは、インプラントの人工歯根です。人工歯根を、矯正したい歯の近くの顎骨に埋め込みます。そして、矯正したい歯と人工歯根をゴムなどで繋ぎます。これで、インプラント矯正は修了です。メリットは多くあり、とにかく、短期間で歯列矯正ができるということです。また、従来の矯正治療の様に、他の歯を巻き込んで矯正しないので、他の歯の歯並びに影響が出ません。インプラントを使えば、移動したい歯をピンポイントで移動させることが可能なんです。また、早く矯正が出来るということは身体への負担も減らすことが出来ます。従来の方法で歯列矯正をすると、治療長い期間を要することとなっていて、その分日常生活にも少なからず影響を及ぼすことがあったのです。そのことが理由で歯列矯正を諦めている人や、途中でやめてしまう人は多くいます。しかし、最近ではこういったリスクが減少してきているので、歯列矯正のハードルも低くなりつつあるといえるでしょう。